公正証書遺言作成サービス内容

  • 相続人調査
  • 相続財産の確定
  • 公証人との事前打ち合わせ
  • 公正証書遺言の原案作成
  • 証人として遺言作成への立会い

遺言書(正確には、いごんしょ と読みます。)には、
自筆証書遺言・秘密証書遺言・公正証書遺言の3種類があります。
一番のお勧めは、公正証書遺言です。
若干の費用はかかりますが法律の専門家である公証人が作成に関与してくれるので、 遺言が無効になるおそれがありません。 公証役場で原本を保管してくれるという利点もあります。

公正証書遺言のデメリット・メリットは次のとおりです。

デメリット

  • 費用がかかります。
  • 遺言者と証人がそろって公証役場に出向かなければなりません。この部分は、秘密証書遺言と同じです。

メリット

  • 法律の専門家である公証人が作成に関与するので、遺言が無効になるおそれがありません。公証人のほとんどは、裁判官OBです。
  • 遺言書の原本は公証役場に保管されるので、関係者によって変造や破棄されるおそれが全くありません。正本は遺言者が保管できます。
  • 作成された遺言公正証書の原本は、公証人が保管しますが、保管のための手数料は不要です。
  • 相続が開始したときに、他の遺言のような家庭裁判所での「検認」手続きが不要です。そのままで真正な遺言と認められます。

公正証書遺言作成に必要なもの

  • 遺言作成者の印鑑証明書・実印(発行後3カ月以内のもの)
  • 相続人全員の続柄がわかる戸籍謄本 ※相続人以外に遺贈する場合は、受遺者の住民票
  • 不動産を相続・遺贈させるときは不動産の権利証又は登記簿謄本(法務局で交付を受ける)、固定資産税評価証明書(区役所、市役所で交付を受ける)または 固定資産税の納税通知書(評価額の記載されたもの)
  • 骨董品や美術品など相続・遺贈させる場合は、その財産を特定できる資料
  • 遺言執行者(遺言者が亡くなられた後、遺言公正証書の内容を実行してくれる人)を指定する場合は その人の住所、氏名、生年月日、職業を確認
  • その他公証人から求められた資料

法令

民法 969条(公正証書遺言)

公正証書によつて遺言をするには、次の方式に従わなければならない。

  1. 証人2人以上の立会いがあること。
  2. 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。
  3. 公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。
  4. 遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押す こと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を附記 して、署名に代えることができる。
  5. 公証人が、その証書は前4号に掲げる方式に従つて作つたものである旨を附記して、これに署名し、印をおすこと。
行政書士 瀧伴高

昭和27年生まれ。
大学卒業後、損保会社に勤務。
永年のサラリーマン生活を経て、行政書士になりたいと思い立ち、会社を円満に 早期退職。
平成17年に実施された行政書士試験に合格。
平成18年行政書士開業。
福岡県行政書士会博多支部所属。

博多駅前相続手続きサポートセンター
常にお客様に満足していただけるよう、スピーディーかつ慎重に仕事に取り組んでいきたいと思っています。大学時代やサラリーマン時代に培った専門的な法律知識を最新のものにバージョンアップさせたうえで、各種業務を遂行しております。
■住所
〒812-0013
福岡市博多区博多駅東1-12-5
博多大島ビル 803号
■最寄り駅
博多駅(筑紫口徒歩1分)
■営業時間
平日 9:00〜18:00
■駐車場
近くに有料パーキングがございますのでご利用ください。
詳しくはお問い合わせください

対応地域

福岡県全域 (福岡市東区、福岡市博多区、福岡市中央区、福岡市南区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、北九州市、大牟田市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、柳川市、朝倉市、八女市、筑後市、大川市、行橋市、豊前市、中間市、小郡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、うきは市、宮若市、嘉麻市、みやま市、糸島市、筑紫郡那珂川町、糟屋郡宇美町・篠栗町・志免町・須恵町・新宮町・久山町・粕屋町、遠賀郡芦屋町・水巻町・岡垣町・遠賀町、鞍手郡小竹町、鞍手町、嘉穂郡桂川町、朝倉郡筑前町・東峰村、三井郡大刀洗町、三潴郡大木町、八女郡広川町、田川郡香春町・添田町・糸田町・川崎町・大任町・福智町・赤村、京都郡苅田町・みやこ町、築上郡吉富町・上毛町・築上町)